毛深いのと特に髭が濃いことで悩んでいます

私は毛深いのと髭が濃いことで悩んでいます。しかし、男性であれば髭の濃さで悩んでいる人は多いはずですので、ありふれた話に聞こえます。ですが、私の場合は髭が濃いことに加えて、皮膚が弱いのです。子供の頃はアトピー性皮膚炎で病院に通っていました。

そして今でも皮膚が弱いままです。皮膚が弱いと髭を剃る時に大きな問題が出てきます。それはカミソリ負けというものです。髭を剃る時に皮膚がカミソリに負けて、小さな傷ができやすいのです。また、カミソリ負けにより皮膚に炎症が起こることもあります。

さらにこれは、髭以外の体毛についても同じことが言えます。体毛を剃ろうとカミソリを使うと、髭を剃る時と同じように皮膚がカミソリ負けをするのです。皮膚に細かい傷や炎症ができたりするのも、髭を剃る時と同じです。

それから、カミソリ負けは冬の乾燥した時期に起こりやすく、真冬の時の髭剃りは特に辛いです。真冬の時に髭剃りをすると、傷や炎症ができなくても皮膚が乾燥する状態になるのです。そして皮膚の表面を見てみると、何か粉を吹いたような状態になります。

皮膚の表面の細かい角質が取れているような状態を、粉が吹いていると表現するようです。このような状態では、皮膚が綺麗には見えませんから、周りの人の目が気になってしまいます。そしてこれは、体毛の処理でも同じことが言えます。

濃いめの体毛を剃っても、皮膚が弱いと冬場あたりは粉を吹くような状態になるのです。私と同じ毛深い体質の人を見かけると大変だなと感じますが、皮膚が丈夫な人を見ると、かなり羨ましいと思います。カミソリで髭を剃っても小さい傷はつかないでしょうし、粉も吹かないのでしょう。

とりあえず、真冬の時は特にそうですが、毎日髭を剃ることはできません。乾燥している気候で毎日髭を剃ると、皮膚が持ちません。その結果、髭を生やしている状態で生活をしなくてはいけません。体毛が毛深いことは、服を着ることで隠せますが、伸びている髭を隠すことはできません。周りの人の目を気にしてしまいます。

そんな中、同僚でも同じ境遇の人がいて、そいつは最近ひげ脱毛に通いはじめたみたいです。会社から通いやすい郡山市内のヒゲ脱毛できる脱毛サロンをまとめたサイト(http://www.xn--sck3cw67o3kbr06alg4ac7w.com/)を紹介してもらったので、各サロンの特徴を押さえてカウンセリングに申し込んでみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です